読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異世界旅行記

所謂、コンサート備忘録。

関ジャニ∞「関ジャニ∞の元気が出るLIVE」名古屋公演 

今年も関ジャニ∞と過ごすクリスマスシーズンがやってまいりました!

笑ってる僕の隣にいつもいてくれる君など居ないクリスマスですが、

関ジャニ∞に元気を貰って、日々生きております…。

 

 

 

今回、素敵な御縁があって,名古屋の3公演入らせていただくことに

なりました。ジャニーズのツアー複数公演は初でして(アーティストにおいても歴代BUMPのみ)、心臓が持たないのではないかと本気で危惧しておりました。

結果、心臓は大丈夫でしたが、脚にきました…。(ただの運動不足)

 

 

夢のような、日常とは違う異空間な3日間でした!こんな最高な3日間は

もう、そうそう訪れないのでは…と思っています。

 

 

メモなどを照らしながら、備忘録として残して行きたいと思います。

関ジャニ∞のコンサートをメモして参戦するのが初めてだったので、

イニシャルでやったらMとYが2人ずつ居ることに気づいて分からなくなった馬鹿ですので、雰囲気で残しておきます。ネタバレを含みますので、福岡公演・大阪公演参戦の方はここでやめておくことをお勧めします。

では、書き記しておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

【セットリスト】

 

OP映像

1・キングオブ男!

2・へそ曲がり

3・がむしゃら行進曲

4・前向きスクリーム!

5・もんじゃいビート

6・ふりむくわけにはいかないぜ(村上さん挨拶)

7・LIFE~目の前の向こうへ~

8・言ったじゃないか

9・Heavenly Psycho

10・ズッコケ男道

楽屋映像

11・CANDY MY LOVE

12・バリンタン

13・夏の恋人

14・渇いた花(渋谷すばる村上信五)

15・バナナジュース(横山裕錦戸亮)

16・my store ~可能性を秘めた男たち~(丸山隆平安田章大大倉忠義)

17・LOVE&KING(KING feat.関ジャニ∞)

ロシアンルーレット映像

18・WASABI

19・韻踏ニティ

20・ナントカナルサ

21・High spirits

22・勝手に仕上がれ

渋谷さん挨拶

23・侍唄

アンコール

24・メドレー(CloveR・急☆上☆Show‼・無責任ヒーロー・あおっぱな)

25・元気が出るSONG

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【雑感】

・5分前くらいに開演前の注意事項が流れる。

関ジャニ∞に関連させた映像で作ってあって、注意事項の映像が一種のエンターテイメントだった。(映画泥棒のようなコメディチックな注意事項映像。)

 

 

●OP映像

オープニングの映像は、関ジャニ∞が、ナゴヤドームの最寄り駅であるナゴヤドーム前矢田駅の改札口を通るところから始まる。矢田駅構内にある野球選手の写真にコメントしたり、ナゴヤドームへの道の途中で、ドアラの旗を見つけてコメントしたり、地域色が強い。地域地域に合わせてくれるのって、観客的には凄く嬉しいポイントの1つであると思う。同じ道を通ってドームに行く感じとか、関ジャニ∞と自分達の行動が勝手にシンクロしたみたいな感覚に陥る。(いや、ドームに来ただけなんですけどね?)

メンバーがナゴヤドームへ入っていく映像で画面が切り替わり、

円陣を組んでいるところから、LIVE映像になる。

 

普段は見せない円陣を組んでいるところをエンターテイメントにしてしまうの、すごく興味深い。(関ジャニ∞はここ数年のDVDのドキュメンタリーで円陣シーンを挿入しているように思う。ファンのツボを押さえている感じある。)

 

 

 

 

 

 

1・キングオブ男!

キングオブ男!意外性があった。てっきり最初はHigh spirits からの「勝手に仕上がれ」

だと思ってた節あったから!嵐の「Welcome our party」みたいな世界観への導入としての使い方するのだと思ってたから。「勝手に仕上がれ」の中に「日常とは違う異空間へようこそ」ってあるし!!

でも、最初に「俺たちはキングオブ男だ!!」って、提示しちゃう感じ嫌いじゃない。

キングオブ男な彼等に期待しか持たない始まりだよね。本当。

 

 

 

 

 

2・へそ曲がり

3・がむしゃら行進曲

4・前向きスクリーム!

 

ハイテンション曲が続く!!楽しい!!がむしゃら行進曲も前向きスクリーム!も

皆フリ完璧で、ペンライトがフリ通りに光っていくのを見て、

オタク凄いなって思った(笑) 勿論、私も、隣のカップルが若干引くくらい踊ってたけど(笑) 関ジャニ∞のライブは参加型だな、フリ曲やる度思う。

 

 

 

 

5・もんじゃいビート

もんじゃいは年上3人と年下4人に分かれていくわけだけど、カメラで遊んでいる感じが毎回違って楽しそうだった!

 

24日→年下組 変顔大会

26日→年下組 イチャイチャ大会(安田&大倉、丸山&錦戸)

27日→ペアの顔を隠し大会(相手のいるほうを手で覆う、ただし丸山さんは自分の方を

   隠す)

 

 

 

 

 

 

6・ふりむくわけにはいかないぜ(村上さん挨拶)

序盤で、「ふりむくわけにはいかないぜ」(;゚Д゚) ‼

いや、勝手にこの曲は終盤だと思っていました。「絶対ふりむくわけにはいかないぜ」

って歌詞をもうすぐ終焉するライブだけれども、楽しい思い出として持って生きていこうぜ!ってな感じで解釈しておりましたので…。

序盤の、「ふりむくわけにはいかないぜ」はもっとポジティブな感じがして、

ここに持ってくるの、いいなと思った。騒ごうぜ!って気分にさせてくれた。

 

 

 

 

 

 

7・LIFE~目の前の向こうへ~

好き~~~~~~~~~~~~~~~~~~♡♡♡

この曲は本当にお世話になった曲で、辛い時くじけそうな時に聴くと本当に励まされる。個人的に「LIFE~目の前の向こうへ~」嫌いな関ジャニ∞ファンは居ないのではと思っている。ハンバーグとかカレーライス的な位置づけ。

 

 

 

 

8・言ったじゃないか

「言ったじゃないか」は、とてもキャッチ―で楽しい。大倉さんが、台詞部分の所

毎回変えていて(「言ったじゃないか」出てからライブでは毎回変えているように思うけれど)、そういう限定的なのオタクは好物だよね…って思いながら、聴いてた。

 

24日→「クリスマスは大倉くんと過ごすって言ったじゃないか」

26日→「来年も、大倉くんとずっと一緒だって言ったじゃないか」

27日→「大倉くんの金髪が好きって、言ったじゃないか」

 

 

 

 

 

 

 

9・Heavenly Psycho

「Heavenly Psycho」を語るのは烏滸がましいから多くは語らないけれど、

横山さんのトランペットで始まって、曲が色づく感じは、曲に新たな生命が芽吹く感じがした。CDで聴いている以上に良かった。

 

 

 

 

10・ズッコケ男道

これもフリ曲で楽しいやつ。正直音楽番組では、もういいかなだけど、

コンサートには絶対欲しい曲だなと思う。やっぱり盛り上がってる感じがするもんな…

 

 

 

楽屋映像

ニコント風の映像。錦戸さんのバリカタインスタントラーメンのくだり、可愛い…。渋谷さん、サービスやな…。そして、関ジャニ∞の妹分を紹介という流れへ…。

 

 

 

11・CANDY MY LOVE

キャンジャニちゃん、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

夏ツアーで、静岡のオーラスだけ登場したのを聞いて、なんとなく予感はしたけど

生で見ると堪らんものですね♡←変態

キャンジャニでは、美人系が好きなので横子推しだったんですが、

錦子‼けしからん、可愛すぎやろ………。

やはり、錦子が一番です♡♡♡

すば子はすっぴん美人で、横子はMV以上に色白美人で、安子・倉子はMV通り

丸子・村子はブス子wwww(村子は24日は可愛かった。26日で前髪切りすぎたキャラになってしまわれた… ※そして、丸山隆平村上信五はれっきとしたイケメンです。)

「CANDY MY LOVE」のフリはとても女性アイドル的で、乃木坂ちゃんの感じだった。とてもかわいかった…。

 

 

 

キャンジャニちゃん知らない人もいるだろうということで…

 

キャンジャニちゃん自己紹介

村子「私の八重歯は世界一。皆のことをかみかみしちゃうぞ♡村子です」(24日)

  「自慢の八重歯で前髪を切りちゃいました、村子です」(26日・27日)

横子「色白なのは、アナタ色に染まりたいから。横子です。」

錦子「チャームポイントは、うさ耳だぴょん♡錦子です」

すば子「挨拶とスカートは短い方がいい。すば子です」

安子「(母親譲りの)安産型です。安子です」

丸子「はんなりドキドキピカピカガール☆丸子です」(24日)

  「ちょっとしたウインクでアナタのハートをわしづかみ♡丸子です」(26日)

  「がっちりムキムキガテン系が好きな丸子です」

倉子「男性に誘われると、絶対NOって言わない倉子です♡」(24日)

  「ベットの上では男はみんなクラクラ♡倉子です♡」(26日)

  「社長のお金でタワーマンションの最上階に住んでます♡倉子です♡」(27日)

 

 倉子の尻軽感な…(笑)  可愛いからな……、。

24日は丸子がブス子というデフォの絡みが多くて、

26日は前髪を切りすぎた村子の方がブス子だという話になった。

27日は倉子の発言が後の展開に笑撃を生むことになる…。

 

 

 

 

 

12・バリンタン

キャンジャニちゃんのブームだという、タンバリンを持って叩いてのダンス。

あのー、えっと、可愛すぎやしませんか??いろいろと女として負けてる感。

完全敗北宣言だわ。

あと、この曲はフリ難しすぎて予習したけど(少クラ)、十分に踊れなかった。悔しい。

 

 

 

●キャンジャニちゃん、好きな人がいる…というくだりになって、

丸子→丸山隆平(船上デートしてくれる彼。顎クイが得意)

安子→安田章大(美容に気を遣う人。歌舞伎パックをして「君も一緒に歌舞かない?」)

錦子→ラブスーパーマン(目をつぶって版/電話番号版)

村子→村上信五(動物好き・お金持ち)

横子→横山裕(唇ぷるぷる。唇の寄りの映像からの「明太子ちゃうし」)

倉子→大倉忠義(壁ドン。「壁をドンするドン。ドンだドン。ドーン、ドン。」)

すば子→渋谷すばる(天丼(ボケをかぶせるという意味のお笑い用語)が得意な彼。大倉さんの壁ドンにかぶせる)

 

 

◎27日は、倉子が「社長のお金でタワーマンションの最上階に住んでます♡倉子です♡」なんていうもんだから、村子がその社長は村上信五だって言い出して、彼とはそういう関係だっていうし(村子はピュアラブ)、横子の思い人とも一回お茶しているし、

尻軽女、最高かよ……。って、展開だった。倉子、可愛いもんね…。

 

 

 

「そんな私達の、大好きな人♡♡」とでて、次の曲。

 

 

 

13・夏の恋人

丸山隆平さんが、作詞と振付を担当と。それだけで、オタクホイホイだよね。←

曲調がとても昭和で、好きです。嵐の「マスカレード」みたいな。

昭和だし、メンバーが振り付けしてるし、類似点探したら他にもありそうだな…。

ヤンマー(安田章大錦戸亮)が背中合わせで踊るところが愛しさしかなくてだな…。

最高でした。

 

 

 

 

曲終わりにMC。ここは色々メモしたので、後日まとめて記事にしようと思います。

大まかに話した内容についてまとめておきます。

 

24日

◎クリスマスについて(村上「最近のイベントの過ごし方は間違っている」等々)

◎年末について(昔は暇で、カウコンも見ている側だった…等々)

 

 

26日

◎Mステについて(誰と話したか)

◎丸山さんの衣装、社会の窓が開いていた件

◎妖怪ケツ洗い、横山裕の前に現る(お風呂場で、安田さんが横山さんの目の前で柔軟体操をしていた)

 

27日

◎続・妖怪ケツ洗い(2日連続で妖怪ケツ洗いが出た話)

村上信五タフすぎる列伝(昨日ライブ終わりに2時からスタッフを引き連れてカラオケ屋の梯子をする。聖飢魔Ⅱを3回歌う。)

 

 

 

 

 

 

14・渇いた花(渋谷すばる村上信五)

「渇いた花」前の二人の喋りも、また後日纏めれたらなと思いますが、

24日は村上さんのちょっとしたボケ、

26日は妖怪ケツ洗いについて(尾を引きすぎて空気感がなんとも言えなかった)

27日は関ジャニ∞(村上信五)って変わり者ばかりだよねって話、

をしておりました。空気感最高か…って感じでした。

 

「渇いた花」のジャズアレンジ、とても素敵‼オリジナルも好きだけど、このユニット曲版は2人の歴史というか、信頼感というか、そういうものが垣間見れる感じがした。

とても、よかった。

 

 

 

 

 

 

15・バナナジュース(横山裕錦戸亮)

ユニット発表の時点でガッツポーズしてましたが、よこりょ♡私の大好きなよこりょ♡

ユニット組まないかな~って思っていたので、本当にうれしかったです♡

曲は一見ポップだけど……下ネタチックに聞こえるのは私だけでしょうか?(笑)

そんな錦戸さんの作詞好きです。←

 

そして、丸サングラスで、2人のセッションはずるいわ…。

好きって言ったじゃないかーーーーーーーーーーーーーーーーーー♡♡♡

2年前のJUKE BOXの時に、錦戸さんがサックス購入した話はMCでしてたから、後々

ライブで披露してくれると嬉しいなーとは思っていたけれども、

初披露をユニット曲で持ってくるとは…!流石です。

そして、錦戸さんの音楽センス、本当羨ましいわ…。

 

 

 

 

 

 

 

16・my store ~可能性を秘めた男たち~(丸山隆平安田章大大倉忠義)

 

関ジミ3と言われていた彼等が歌うPOPな自虐ソング。かっこよく登場したと思ったら、ランドセルに短パンという可愛い服‼ そのギャップずるい。

「顔と名前がさ~一致しないんですよね~って聞き飽きたって~」って、今の3人が歌うの、とても面白い。というか、人気じゃなくて歌ったら、ただの悲しい曲になるからさ…。人気だから歌える曲よね。

 

 

 

 

 

 

17・LOVE&KING(KING feat.関ジャニ∞)

関ジャニとのフューチャリング。24日はカラーサンタが登場。26・27はストリートダンス風の兄さんたち。ヒップホップ?踊る錦戸さんがかっこよすぎて、

かっこよすぎて……。ステージから一番遠いところからだから、他の関ジャニメンバーから、3テンポくらい遅れてダンスし始めるのだけれども、普通の姿勢からの、腰つきがさ…。

とても良い。曲としては盛り上がるけど、個人的にはそろそろKINGは卒業しても、

いいかなと思う…。楽しいんだけどさ。

 

 

 

ロシアンルーレット映像

ここにもご当地色が出されている。名古屋では、「天むす」の中にワサビが。

24日→横山さんワサビ 26日→大倉さんワサビ  27日→渋谷さんワサビ

 

 

 

18・WASABI

WASABI」聴いたのは、ラジオ「大倉くんと高橋くん」が最初だったのだけど、

すぐ「好き!」ってなった音源です。歌詞の世界観も好きだし(嵐の相葉さんソロの「じゃなくて」っぽい、仲のいい小悪魔的女の子との駆け引き感)、メロディラインも好き。

ムービングステージでの移動曲だったので、めちゃめちゃガシガシ踊るのが見れなかったのだけが残念だけど、やはりとても好きな曲でした。

 

 

 

 

19・韻踏ニティ

韻踏ニティ…!途中から、トロッコ曲でした。韻踏ニティはロジックというか、

歌詞がしっかりしていて興味深い。

 

 

 

20・ナントカナルサ

ケセラセラ いっつおーらい♡」って、皆で唱えるの、楽しすぎた。

本当に魔法の言葉だわ。大丈夫な気がしてくる(単純)

 

 

 

21・High spirits

22・勝手に仕上がれ

 

ここで、High spirits→「勝手に仕上がれ」来た(^◇^)

High spiritsはとてもかっこよかった。皆楽器上手いな…。

後ろに映る映像がモノクロでとても甘美だった…。

 

そして、「勝手に仕上がれ」‼ 異空間楽しんでるよー♡という、ハイテンションで

聴けました。「後ろのみんな」だったので、渋谷さんの歌詞はとても嬉しい感があった。「勝手に仕上がれ」って、自分の中でどう終焉してもよいのだよという多義性を提示されているような気がした。どうこのライブという物語に名前をつけてもいいんだよ、というような。

 

 

 

渋谷さん挨拶

「出来る事は全てやりました。出来ない事は出来ません(笑)でも、できないことを一つずつ出来るように変えていければなと思っています。これからもよろしくお願いします」(意訳)

 

 

 

23・侍唄

侍唄はとてもスルメ曲だと思っていて、聴くたびに好きになっていたのだけれども、

ライブいって更に好きになった。錦戸さんが通常盤で「数年前の自分達ではひけなかっただろう曲」というような話をしており、「出来る事を全力でやった」結果ある曲なんだな、としみじみと聴いていました…。

 

 

 

アンコール

24・メドレー(CloveR・急☆上☆Show‼・無責任ヒーロー・あおっぱな)

 

 

アンコールは気球で登場‼今回エイトが入れてくると思わなかった。たまげた。

気球は全部で4つで、

村上&錦戸ペア・渋谷&丸山ペア・安田&大倉ペア・横山さんオンリー(ブランコ)

だった。各ペアそれぞれ特色があって面白かったけれども、普段ファンサしない印象の渋谷さんが、ファンサ製造機の丸山さんと組んでニコイチでファンサしてて、なんか面白い化学反応が起こっているなと思った。

皆の聴きたいだろう曲をメドレーで‼初めての人も満足度高いし、凄く楽しいと思った。

 

 

 

 

25・元気が出るSONG

錦戸さんが軽く挨拶(皆で作った曲です、ファンだけでなくメンバーに向けて書いた曲ですというような趣旨のこと)。

最後の、「元気が出るSONG」は本当染み入った。

この曲、題名だけ聞いた時は、「EJコースター」みたいなのを予想したから、聴いて

染み入る系の曲で、涙腺にきそうだった(年々涙腺が弱くなっておる…)。

メンバー作詞作曲は、胸にくるものがあるし、本当にいい歌詞だし、

歴史を感じる曲だし、関ジャニメンバー涙ぐんでるし、感情が揺さぶられる曲だった。

素敵な終わり方だった。

 

 

 

 

 

【総括して】

関ジャニ∞の元気が出るLIVE」は、本当に元気が出るLIVEで笑いありカッコよさあり感動ありでバランスの良いLIVEだったと思います。本当にたのしかった‼‼‼

 

福岡・大阪も素敵な公演になることを願っております。エイトが体調を壊しませんように…‼‼